キャッシング 金利 比較

キャッシングの金利について

キャッシングを金利で比較するのは良い方法です。
低金利で借りることができれば、利息負担の軽減につながるからです。

 

でも、金利の平均的な金利がどれぐらいなのかを知らなければ、比較することができません。
まずは、金利がどうやって決められているのかを知っておきましょう。

 

消費者金融の金利は賃金業法によって上限が定められています。

 

賃金業法では、10万円未満なら上限金利20%、10万円以上100万円未満なら上限金利18%、100万円以上なら上限金利15%までと定められています。つまり、借入金額が多ければ多いほど利率が下がる仕組みになっています。

 

契約書に記載されている金利が上限金利を超えていないかよく確認しましょう。

 

キャッシングの金利を比較している時、たとえば「借入利率:4.5%から17.8%」と書かれていたとします。ついつい4.5%という年率に注目して低金利だと判断しがちですが、これはあくまで下限金利であって、この金利が適用されるわけではありません。

 

基本的に、キャッシングは上限金利が適用されると思っておいた方が無難です。

 

キャッシングは上限金利が適用される可能性が高いことを考えると、低金利の業者を探すよりも、無利息サービスがある業者を選ぶのが実際的かもしれません。

 

特に、給料日までの数日間だけお金に困っている場合など、無利息期間中に完済できる見込みがある場合は、ぜひ無利息サービスを利用しましょう。